リフォームローン借り入れの条件は厳しい?審査に通るには?【申し込みの基準】

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡潔に言うと住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているローンです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融業者であればHPに試算フォームを設置しています。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

借入希望額、返済期間やボーナス時の返済額や割合を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録することはないので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、まずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があったのかもしれません。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

これらを整理することがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

参考:リフォームローン借り入れの条件は?審査に通る!【申し込みの基準は?】

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

追加融資が難しい金融機関では、担当者から上乗せ融資が勧められるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告をするとその年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり定められています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下という条件があります。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

利率は変動金利型となっており、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円になります。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多くれなれば比例して返済額も大きくなってしまうのです。

無理のない返済額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

リフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

リフォームローンの金利ですが金融機関によってかなり異なります。

低い金利になると1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系も2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

リフォームローン金利比較をするのであれば比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や借入限度額、審査時間など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった理由でその評価になったのかという理由まで見なければいけません。