ほけんの窓口は評判悪い?医療保険の相談はできる?

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

実績について調べてみると一社の利用者数だけでも年間十万人を超えるそうです。

それだけ関心が高いとも言えますし、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。

会社ごとの評判を調べてみますと、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスの名前がよく挙がっています。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だそうです。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりを面談をせずにメールで完結できるサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が理解できない、こちらが伝えたいことの意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接連絡することもできます。

状況が変わって相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

こういった商品券プレゼントキャンペーンを最近は見かけなくなりましたよね。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券のプレゼントを行うキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

調べてみると、利用者に嬉しい仕組みがわかってきました。

ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、契約が成立した際に販売等に関する手数料が発生するそうです。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんは面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、営業の機会を多く得ることができるため、持ちつ持たれつといった感じのようです。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといったサポートダイヤルなどがあります。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、最初に「相談だけのつもりなので勧誘は結構です」とはっきり示しておくことも大切です。

FPさんの質やその提案に自信があるところなら他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。

なぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険に相談者が変更することによって保険会社から手数料がサービス元の企業に行くという形です。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりも契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら保険に加入しなければいけなそう」という心配をしていてなかなか相談へ決心がつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

ネットで少し調べればわかるように、保険無料相談を行っている会社はたくさんあります。

その激戦に勝つために、キャンペーンを行っている会社もあります。

気になったので内容を調べてみますと、嬉しい現金や商品券、ギフト券などがもらえるのだそうです。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

いろいろな比較をするためにも数社に依頼することもあるでしょうが、こんなサービスも考慮に入れれば面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、至難の業ともいえるかもしれません。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、自分と相性の良さそうな会社がわかりやすくなっています。

世間に広く知られているような会社でも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、うまく利用して比べてみることも大切です。

お金をかけずに保険の見直しができるというのに、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。

手に入れるには何をすれば良いかというと、会って話し合いをするだけであったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

金額的に多いのは数千円ほどのところですが数社受ければ大きなお小遣いになることは間違いありません。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に入院などをした際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で保証が受けられるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

見極めるポイントの1つとして相談した際に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないと考えて良いので担当者を変えてもらいましょう。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、特に訪問タイプの方ではFPさんを選ぶことができないので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

すぐに決めさせようとして断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、満足なアフターケアも期待できないのであまりお任せしない方が良いと思います。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして家族などと一緒に面談すると良いでしょう。

参考:ほけんの窓口の評判はどう?無料相談を体験してきたのでレポートします

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも商品券プレゼントを相談者特典で行なっていました。

こういった商品券プレゼントキャンペーンを最近は見かけなくなりましたよね。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの商品プレゼントに変更しているサービスもあります。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!という販促の方法を最近は見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも解釈できるので一部の相談サービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

ちょっとインターネット検索をするだけでも、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

少しでも多くの人に興味を持ってもらうためにキャンペーンをしていたりもします。

どんなものがあるのか調べてみました。

大体が商品券やギフト券で、中には現金がもらえるものもあるようでした。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、2000円から7000円くらいが多いようです。

人によっては、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

選ぶ際にこういった会社を見つけられれば、面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉などの景品プレゼント」という販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

保険は人生にいて2番目に高い買い物と言われ、自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料で相談できる場所が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

近年、ペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」など人間と同じようにペットを扱っています。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に行った際の治療費を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

保障内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、特に訪問タイプの方ではFPさんを選ぶことができないので、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

威圧的な態度をとるなどして断りにくいように話の方向を持っていくような人では、その後の対応も心配ですので大事なことをお任せするのは考えものです。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

新しくことを始めるときにみなさんはどうしていますか?多くの人は最初にネットで調べることから始めると思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に職場近くのカフェなど好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる多くの人は自宅で相談しているようです。

また、サービスとしての方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、忘れていることの多い現在の保険内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できると思っていいです。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断りきれず勧められるままに契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなどトラブルにつながってしまいます。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

人生の中で2番目に高い買い物と言われる「保険」。

失敗しないようにぜひじっくり選びたいものです。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、会社により特典が付くところもあったりします。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、嘘みたいにお得なお話ですよね。

一般的な保険の見直しというとこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。

どんなシステムかというと、まずはフリーダイヤルやネットで連絡が欲しい時間の予約をします。

あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。

もちろんお金はかかりません。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

知名度が高く体験者も多い来店型の会社なので、少し調べるだけでも口コミや体験談が山ほど見つかります。

まず最初に保険についての勉強をするところから始まり、こちらからの質問にも手を抜かず答えてくれるそうで実際の体験者の満足度は高いようです。

また多くの商品を取り扱っているとのことで、いろいろなプランを比較検討しやすいでしょう。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら保険に加入しなければいけなそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので保険の見直しを考えている人は安心して利用してみてください。

営業の人に言われるがままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

初めは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでは収入が発生せず、提案した生命保険への契約が成立して初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいるそうです。

逆に、相談料が必要な場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。